行政書士にできる仕事

行政書士は、主に

  • 許認可に関する書類
  • 遺産分割協議書や契約書などの書類
  • 議事録や図面類、財務諸表などの書類

の作成や相談を仕事としています。書類を作成するだけでなく、官公署に書類提出をする代理業務などもすることができます。

更に、入管業務も行政書士ができる仕事としては有名です。

実際に多くの行政書士事務所を見てみますと、

  • 各種許認可
  • 入管・ビザ
  • 相続・遺産分割協議書

あたりの文言を記載しているところが多いようです。

基本的に書類作成が主な業務であれば行政書士に一任することができます。

しかし、分野によっては一連の流れの中で、紛争が発生したり、登記が必要であったりと、行政書士では行えない業務が絡むこともあります。

例えば、会社の登記は登記申請書の作成は司法書士の業務という決まりがあるため行政書士は会社登記の書類を作成することはできません。

行政書士ができる仕事について詳しくは「行政書士とは 仕事内容と資格の活かし方|伊藤塾」が参考になります。