行政書士とは?

行政書士を目指す方、行政書士に頼める仕事などを解説したサイトです。

行政書士は何をする仕事なの?

「行政書士」とはどういう仕事か?と言うと、一言で言えば「行政に提出する書類のプロ」といったところです。行政の書類と言えば様々なものが挙げられます。特に様々な許認可に関するものが多く、会社を設立する時の手続きや、相続の手続き、また自動車関連の手続きや産業廃棄物の許可に関する手続きなど、簡単に言えばそれらの書類を作成して提出することが仕事となるわけです。

こうした書類は自分で作成して役所に提出することもできますが、書類によっては複数枚を必要とするものや、複雑なものも多く、時間や手間もかかってしまいます。ミスがあれば訂正してまた提出して…という面倒さもあります。そもそもこうした書類は出したことが無いというのが普通であり、自分ひとりでやろうと思ったらかなり手間と時間がかかってしまった、ということも少なくありません。

こうした書類を提出するタイミングというのは、会社を設立するタイミングや、相続をするタイミングなど、かなり忙しい時だったりします。こうした時に時間を割いて自分で手続きをするというのはかなり大変です。会社設立時には社屋の登記から名刺の作成に至るまですることがたくさんあるわけです。そんな中で煩雑な手続きを自分でしようとするのは逆に損になってしまう場合があります。

そこで行政書士は国家資格として、そういった複雑な書類関係の仕事をお金をもらう代わりにスムーズに行うことを仕事にしているわけです。つまり依頼してきた人の代理で書類を作成し、役所などに提出することが行政書士の役割なのです。

行政書士に仕事を依頼するには?

行政書士にお願いできる書類関係の仕事というのは様々なものが挙げられます。不動産や遺産の相続、古物商の許可、ビザの取得など…さまざまな分野の仕事を請け負っているわけです。行政書士はお近くの行政書士事務所に電話するか、実際にそこに出向いて依頼することになります。そして各種の申請に必要な情報を伝え、書類の作成などを行ってもらうわけです。

行政書士になるには?

行政書士になるには、年に一回の行政書士試験に合格する必要があります。合格率は20~30パーセント程であると言われており、これを難しい!と捉える方も多くいらっしゃいますが、実際にはほぼぶっつけ本番で受験する方も一定数は居るわけであり、基礎から効率よくしっかりと勉強していればさほど難易度の高い試験ではないとも言われます。行政書士の試験は五択式の選択問題の他、記述式の問題などもあり、概ね全体として6割正解していれば合格できるというものです。出題範囲は憲法や商法などの法律の基礎的な部分などほか、個人情報保護や情報技術、時事的な政治や経済に関する話題も出題されると言われています。

行政書士試験に合格した後は、行政書士会に登録することで行政書士と名乗って仕事をすることができます。これは行政書士事務所に入所して勤務するパターンと、自分で独立開業するパターンの2つがあります。事務所で勤務する場合は給料をもらう形のいわゆるサラリーマンといった形になります。最初から独立開業したい!というパターンもあるかと思いますが、行政所sウィ試験に合格したからと言ってすぐに仕事をこなせるようになるわけではありません。一度は行政書士事務所で働く事で経験を積み、自分が得意とする専門分野を伸ばしたりする方が良いでしょう。

他の士業との兼ね合い

法律が関わる士業と言えば、行政書士以外だと弁護士や司法書士などが挙げられます。弁護士は基本的に法律に関わる業務を全てできます。司法書士は行政書士よりもできる仕事の範囲が広いため、上位互換の資格と言われる事もありますが、実際は行政書士にはできるが、司法書士にはできない分野の仕事も存在します。例えばビザの取得などに関する業務は司法書士はできず、行政書士のみが行なえます。

また会社設立に関する業務の場合、行政書士でも作成可能な書類が色々ありますが、司法書士でなければ作成できない書類もあります。このため会社を設立する際には行政書士だけで完結することができず、一部は司法書士に仕事を回す必要が出てきます。

行政書士の中には司法書士の資格も同時に保有しており、ワンストップで一人で全ての業務を完結できるようにしている方もいらっしゃいます。

TOP相互リンクサイト様

2015~2017年頃からGoogleは、ウェブサイトの評価にページランクを用いなくなりました。変わって各サイトの中身をランキングの重要な指標としてチェックするようになったのです。Googleの順位を決定するアルゴリズムは日進月歩であり、私達人間が見ても良いと思えるサイトを、Googleも良いサイトだと判断するようになり、これまでのページランク表記は役目を終えたのです。以下のウェブサイトは相互リンク設置時のページランクごとに分類してありますが、今後新規でお受けする相互リンクは、ページランクで分類しない別枠で表記させていただきます。掲載ページ自体は変わらずこのトップページ上に掲載いたします。

ページランク5以上のサイト様

淡路島不動産のことならセントラル商事にお任せ!

ページランク4のサイト様

不動産屋の片手間SEOブログ 不動産屋の本日の一言

ページランク3のサイト様

参考リンク