用語解説

シュート

自チームが得点するためにバスケットの上からボールを通すことあるいはそのための動作、ボールがバスケットへ至るまでの一連の流れのこと(シュートは通称であり、ルール(日本バスケットボール競技規則)上では全てショットと称される)。

パス

チェストパス

胸の位置から両手で押し出す、最も基本的で確実なパス。

ワンハンドパス

片手で出すパス。間にディフェンスがいる場合によく使われる。

ショルダーパス

肩の位置から強く押し出すパス。

オーバーハンドパス

頭の上の位置から強く出すパス。

アンダーハンドパス

ボウリング投げに似たパス。

フックパス

フックシュートと同じように投げるパス。

ビハインドパス

背中を通して出すパス。ビハインド・バック・パスとも呼ばれる。

以下はチェストパスなどと組み合わせて使う。

バウンズパス

ボールをコートに跳ね返らせる(バウンド)パスのこと。

ループパス

山なりの軌道のパスのこと。敵の後ろにいる味方へパスを出すときなどに使う。

ノールックパス(ノンルックパス)

パスを出す相手を見ないで(向かないで)出すパスのこと。

アウトレットパス

リバウンドを取った選手が、ゴール下の密集地から外に出すパス。うまいアウトレットパスは、ファストブレイクにつながる。

エルボーパス

バックパスと見せさせて反対の肘にあてて、逆方向にパスすること。[かなりの技術がいる。]

ドリブル

バスケットボールでは、ボールを手に掴んだ状態で規定歩数以上歩いたり走ったりといった行為が禁止されているため、進行方向の地面にボールを上から掌を使って叩きつけて跳ねさせ、これを連続的に行ってボールとともに選手が移動する。

オフェンス

スクリーン

得点のためにチームメイトが動ける自由を増やす目的でディフェンスプレイヤーの通り道に立つこと。

バック&ロール

スクリーンをかけた選手が反転してゴールへ向かって走るプレー。

ピック&ポップ

スクリーンをかけた選手がアウトサイドへ向かうプレー。

バックドア

ディフェンスプレイヤーの後ろにつき、そこでパスを受けるプレー。

ポストプレー

味方プレイヤーが相手コートの制限区域付近で行うプレー。センターなど背の高い選手が行うことが多い。

ローポスト

ゴールに近いポスト(位置)

ミドルポスト

ローポストとハイポストの中間

ハイポスト

ゴールに遠いポスト(フリースローライン付近)

ゾーン・オフェンス

ゾーンディフェンスに対するオフェンスの方法

ファスト・ブレイク

ディフェンスが戻りきる前にシュートに持ち込むプレイ。速攻。いわゆるカウンター。

セカンド・ブレイク

ファスト・ブレイクが決まらなかったときに追い付いてくる選手で速攻を続けるプレイ。

アーリー・オフェンス

速い攻め。相手のディフェンスがまだ完全に整っていない時に攻撃するプレイ。

ランアンドガン

常に速攻を狙う攻撃スタイル。ランアンドガンのラン(RUN)は走る、ガン(Gun)は撃つという意味である。

ハーフコート・オフェンス

ハーフコートに敵味方揃った状態で攻めること。

ディレイド・オフェンス

遅攻。オフェンスの制限時間を意識的に使って攻める攻撃法。

コースト・トゥ・コースト

ディフェンス・リバウンドを取った選手がドリブルでボールを運び、自分でシュートに持ち込むプレイ。コーストとは海岸の意味で、コートの端から端までをアメリカの西海岸から東海岸までに例えた。

ナンバー・プレイ

オフェンスで、決められたとおりの動きからシュートに持ち込むプレイ。コーチやポイントガードが、プレイを番号で指示することからの呼称。セットオフェンスともいう。

フェイク(フェイント)

相手をあざむきひっかけるプレイのこと(例: シュートを打つふりをしてドリブルをする)。

ピボット(ピヴォット、ピボッド)

ドリブルが出来ない状態や、ボールキープを行う時に使用。片足を軸足にし、もう片足を前後左右に動かし、相手を翻弄、動揺させたり、リズムを崩したりする。着地して行う場合、先に着地した足を軸足にしないとトラベリングとなる。

トリプルスレット

パスを受けて、シュート・ドリブル・パスの全てのプレーに移れる状態のこと。最も攻撃側の選択肢を多くとれる状態である。

アイソレーション

能力の優れた1人の選手をわざと孤立させて、1on1による得点を狙うプレイ。

ギブ・アンド・ゴー

味方にパスを出し、その後ディフェンスを振り払い、フリーの状態で再びパスを受けるプレイ。パス・アンド・ランとも呼ぶ。

ファウル・ゲーム

ファウルを逆手に取る戦法。試合終盤などで接戦のときに、ディフェンスがわざとフリースローの苦手な選手を狙ってファウルする。ファウルによって時計を止め、フリースローが落ちればリバウンドを取って反撃するチャンスが生まれる。ギャンブル性の高い戦法。

ディフェンス

スティール

相手からボールを奪い、自分のボールにすること。

ブロックショット

ディフェンスの選手が相手のシュートを防ぐこと。

フェイスガード

オフェンスの選手に接近してディフェンスすること。顔が触れるくらい近づいてディフェンスすることからそう呼ばれる。

スイッチ

ディフェンスが、それぞれのマークの相手を交換すること。スクリーンプレーの対抗策。

スライド

スクリーンをかけられたときに相手のスクリーナーを迂回して通ること。

ファイトオーバー

スクリーンをかけられたときに相手のスクリーナーの前方を無理やり通過すること。

ハンズ・アップ

相手選手のパスなどを防ぐ為に両手を上げて構えること。

ステイ・ロー

相手選手のカットインなどを防ぐ為に腰を落として構えること。

ディナイ・ザ・ボール

ボールを持っていないオフェンスの選手に対し、パスのコースを封じてボールを持たせないようにディフェンスすること。たんにディナイともいう。

マンツーマンディフェンス

選手ごとに1対1で自分が担当する選手をマーク(マッチアップ)するディフェンスのこと。

ゾーンディフェンス

陣形を作り、各個人が決められた範囲をディフェンスすること。 2000 - 2001シーズンまで、NBAではゾーンディフェンスそのものが禁止されていた。

プレスディフェンス

オフェンスに対し、積極的にプレッシャー(プレス)をかけるディフェンスのこと。

混合型

ゾーンプレス

ゾーン+プレス

ゾーン+マンツーマン

ボックスワン

1人がマンツーマン、残り4人が正方形(2-2)のゾーンでディフェンスすること。ボックス・アンド・ワンとも呼ぶ。

ダイアモンドワン

1人がマンツーマン、残り4人がひし形(1-2-1)のゾーンでディフェンスすること。ダイアモンド・アンド・ワンとも呼ぶ。

トライアングルツー

2人がマンツーマン、残り3人が三角形のゾーンでディフェンスすること。

主な陣形

数字はディフェンスの数を示し、フロントコートに近い側からバックコートに近い側の順に記載する。 2-2-1以下の4陣形は通常、ゾーンプレスの場合にしか使われない。2-1-2と1-3-1は通常のゾーンディフェンスとゾーンプレスの両方で使われる。

  • 2-3
  • 3-2
  • 1-3-1
  • 1-1-3
  • 2-1-2
  • 1-2-2
  • 2-2-1
  • 3-1-1
  • 1-2-1-1
  • 1-1-2-1

ディフェンスの範囲

オールコート

コート全体で行う

3/4コート(スリークォーター)

フロントコートのフリースローレーンから行う

ハーフコート

センターラインから行う

リバウンド

敵・味方関係なく、シュートミスしたボールを取ることを、リバウンドと呼ぶ。バスケットにおいて最も重要な技術の一つであり、その技術が高いためにスカウトされる選手も少なくない。リバウンドに強い選手がいると常に相手から先手を取ることが出来、自チームも思い切りのいいシュートができるからである。リバウンドを取るために相手を制し、有利なポジションを取る行動をスクリーンアウトまたはボックスアウトという。ヴァイオレイションの3秒ルールによりオフェンス側の選手はゴール下に長くとどまることが出来ず、フォワードやセンターの選手はゴールに背を向けてディフェンスの選手を背負ってプレーしていることが多いので、よりゴールに近い位置でポジションを取ることができるディフェンスの選手が有利だとされている。失点を防ぎ、得点する機会を増やすプレイのため、4点分の働きと言われることがある。

オフェンスリバウンド

攻撃側が獲得したリバウンド。守備側の状況が悪ければ、すぐさま得点に結びつくこともある。

ディフェンスリバウンド

守備側が獲得したリバウンド。攻撃側の状況が悪ければ、すぐさま速攻に結びつくこともある。

チームリバウンド

リングに当たった後、誰もボールに触れずアウトオブバウンズとなった場合、リバウンド争いの末、アウトオブバウンズとなった場合、チームリバウンドとして記録される。

記録

得点、アシスト(シュートを決めた味方へのラストパス、パスを受けた味方がドリブルで敵を抜いた場合は対象外)、リバウンド、ブロックショット(相手のシュートを防ぐ)、スティール(スチール、相手のボールを奪い取る)の5項目のうち、1試合において10点(回)以上を個人で2項目以上記録したときの呼び方。

  • ダブル・ダブル - 2項目以上
  • トリプル・ダブル - 3項目以上
  • クアドルプル・ダブル - 4項目以上
  • クィントプル・ダブル - 5項目以上
  • ファイブ・ファイブズ - 得点、アシスト、リバウンド、ブロックショット、スティール全ての項目で、1試合において5点(回)以上を個人で記録したときの呼び方。
  • ダブルスコア - 対戦チームとの得点差が2倍以上開いている状態。

その他

アウトナンバー

オフェンスの人数がディフェンスより数が多い場面を言う。

ミスマッチ

マッチアップしている選手に、大きな身長差があること。高さに限らず、動作の速度差や技術的な差がある時のことも指す。

トランジション・ゲーム

スティールやブロックショットによって、攻撃権が激しく移り変わる試合展開のこと。

ルーズボール

ボールがコート上に転がっていたり、ティップの連続などでボールが空中にあり、どちらのチームもボールをキープできていない状況。その時に犯したファウルはルーズボールファウルと呼ばれる。

(引用:Wikipedia)