行政書士Q&A

Q:行政書士は誰でもなれるの?

A:未成年者などはなることができません。それ以外にも、成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ない場合、禁錮以上の刑罰を受け、その執行が終わって3年経たない場合も同様に行政書士になることはできません。

Q:行政書士試験はいつどこで受けられるの?

A:各地で年一回の試験が開催されています。試験の受験自体は、年齢・学歴・国籍と関係なく誰でも受けることができます。受験願書の提出締め切りなどはあらかじめ調べておき、遅れたり忘れたりしないように注意しましょう。

Q:行政書士の受験の勉強ってどうすればいいの?

A:独学でする方もいらっしゃれば、スクールに通ってらっしゃる方、通信講座を受けてらっしゃる方など様々です。

Q:行政書士に仕事を依頼する場合どうすればいいの?

A:お近くの行政書士事務所を探してみましょう。インターネットで調べるか、行政書士会の方で教えてもらえる場合もあります。