行政書士関係の組織・団体

行政書士は、行政書士試験に合格しただけでは「私は行政書士です」と名乗れるわけではありません。「行政書士会」と呼ばれるものに登録しなければなりません。

行政書士会に登録して初めて行政書士を名乗ることができるわけです。行政書士会の登録にはお金が必要ですし、年会費も必要になります。行政書士の試験を受ける費用事態は7000円程度ですが、実際に行政書士会に登録する場合に必要な経費は以下のとおりです。(東京都行政書士会の場合)

  • 登録手数料:25,000円
  • 入会金:200,000円
  • 登録免許税:30,000円
  • 前払い会費:18,000円(3ヶ月分)

以上の費用がかかってしまいます。30万円までは行かないとしても、海外旅行に行ける程度の金額ですし、かなり高額であると言えます。他の士業ではどうなのでしょうか?弁護士の場合は弁護士会と呼ばれる組織に所属することで弁護士と名乗ることができますが、この弁護士会の入会金は3万円~5万円程度であるのに対し、年会費が50~100万円もかかります。年会費が倍近い差があるのは各地方の弁護士会によるもので、様々な士業の中でも地域差が大きいと言われています。弁護士に比べると安いとは言え、行政書士になるには最初はまとまったお金が必要になるということです。

行政書士会

行政書士会というのは各都道府県ごとに設立されており、会員の品位の維持や、様々な指導、連絡などに関する業務を行います。入会金は東京の場合で20万円ですが、他の道府県ではこの金額は若干異なり、数万円程度の差が見られます。

行政書士会に登録すると「行政書士バッジ」というものをもらうことができます。また、行政書士の業務の支援を行う人である「行政書士補助者」の登録や、その「行政書士補助者バッジ」をもらうこともできます。

行政書士補助者とは、行政書士のサポートをする仕事ですが、行政書士が行政書士補助者を雇う場合には、「行政書士補助者」の登録をする必要があります。行政書士会に行政書士補助者を登録すると「補助者証」を発行してもらうことができます。

ちなみに行政書士補助者もバッジを付けることができますが、行政書士補助者のバッジは行政書士のバッジと比較すると材質が違うなどの特徴があります。

行政書士会連合会

行政書士会連合会とは各都道府県にある行政書士会の集まりです。全国の行政書士は、各地方の行政書士会を通して、行政書士会連合会の名簿に行政書士として登録してもらうことになります。